ナムワンブロック
最近のトップニュース
   最近のトップニュースは1年生のClass Cheersに参加する事だ。Class Cheersというのは、大学の一つ活動だ。先輩と後輩が親しくなることが目的だ。
   一年生が大学の歌と学部の歌も歌えるし、1年生たちも親しくなるために、Class Cheersを行う。その時に、1年生がしなければならない事はたくさんある。例えば、先輩のサインを集めることや、新しい友達の名前を覚えること、同じIDの先輩を探すことなどだ。また、そこではルールもある。それは、Class Cheersに参加する時、友達と話してはいけないということやきちゃんと座ること、大きい声で歌を歌うことなどがある。
   今、各学部はClass Cheersを行っている。Class Cheersの話は最近普及している。その活動は大変だが、活動を終わると、学生はお互いに知るようになる。その活動を通じて良い関係になれるのだ。


[2008/06/25 18:50] | 最近のトップニュース | Trackbacks(0) | Comments(1) |
大学の部活動について

[KMITL]はクラーブがたくさんある。学生は好きなクラーブに入れる。それに、一人で一つクラーブ以上に入れる。しかし、学生は大学ではないクラーブに興味があったら、同じクラーブに興味がある人を探して、クラーブを開くことができる。

学生が部活動に参加するために、[KMITL]でクラーブを設立された。部活動を詳しく知っていると一年生が好きなクラーブが選べるために、毎年大学で色々なクラーブは展覧会を行うことに参加する。それに、部活動に入る学生は良い経験ができて、友達がたくさんできる。それで、大学の部活動は活動に入る学生と役に立つ。
 
私は二つクラーブに参加する。日本語部とレックリエージョン部だ。日本語学科なので、日本語部で日本語を教えたり、展覧会を行ったり、している。さらに、良い経験ができたと思う。
[2008/06/19 00:31] | 私の作文 | Trackbacks(1) | Comments(0) |
KMITLについて
    KMITLは[キングモンクット工科大学]の略語だ。
KMITLは技術と科学の事が有名だ。特に、ロボットと車だ。
外国とタイでKMITLは学問の偉業で有名な大学として認められた。
    KMITL7学部がある。例えば、工学部や、理学部、建築学部、
教育学部、農エ学部などがある。それに、学部格は、色々な分理を
分けている。さらに、KMITLへ行き方は汽車や、バス、ワコン車などで行ける。とても便利になった。
     KMITLは科学と技術に興味がある人に適当な大学だ。今技術や、科学、学間などを開発している。それで、タイで有名な大学だ。
    
[2008/06/11 19:10] | 日本語 | Trackbacks(0) | Comments(3) |
日本語の漢字は難しいですよ。
    日本語の漢字は難しいです。毎日日本語を勉強しても、漢字を練習しても、
漢字があまり覚えられません。今つばさ先生は漢字ケームを遊ばせますから、
新しい漢字がよく練習できます。小テストの時、漢字テストですね。
新しい漢字は難しいだと思いますから、頑張ってください。^^
[2008/06/09 01:16] | 日本語の漢字 | Trackbacks(0) | Comments(1) |
[KMITLについて]作文を書きました。
     私は2008年6月4日に[KMITLについて]作文を書きました。
授業の中で作文を書いたと思いましたから、紙に作文を書きました。
授業の中に先生は学生に作文を出させますした。私はびっくりしました。
それで、作文を書いたことを急ぎましたから、まちがい所がたくさんあると思います。
先生、まちがい所がたくさんありましたか。悲しいですね。でも、今度頑張って下さい。^^
[2008/06/09 01:10] | 日本語 | Trackbacks(0) | Comments(1) |
私の事
      はじめまして、私の名前はティティラー ジィリオラーラットです。
二ックネームはナムワンです。
私の誕生日は、1986年10月5日です。
趣味は買い物したり、韓国のドラマを見たり、旅行したり、
しています。
どうぞよろしく
[2008/06/03 14:20] | 自己紹介 | Trackbacks(0) | Comments(2) |
Profile

ナムワン

Author:ナムワン
Welcome to FC2

New Entry

New Comment

New Trackback

Monthly Archive

Category

Search

RSS Feed

Links

Add this blog to links